ホーキング博士 今我々は膨張する過程にあるということにな。すでに回答ある通り、最新の観測データと、関係する数式を全て入力すれば、スーパーコンピュータで、シミュレーション計算できるはずです。アインシュタインの宇宙方程式のことですが
あれを数値計算式に書き換えて、シミュレーション、なんてできるんでしょうか、やられているんでしょうか
流体力学計算みたいに 今我々は、膨張する過程にある、ということになっていると思いますが、試しに、計算上、収縮している、という初期条件を与えて計算したら、ある時間たったら、0になる、宇宙が消える、なんてことになるんでしょうか

シミュレーションだったら、宇宙の場所ごとに物質密度が異なる、という条件を与えたら、場所によって0になる時間が違ってくる、てなことは起きないでしょうか

シミュレーションするとして周辺条件をどう与えるのか、というのも見当つきません

よくわからん者の妄想ですビッグバン宇宙論における時空の構造実在論的解釈。るミンコフスキー時空を背景として。一般相対性理論 へと繋げていることから
からっぽの時空を暗に仮定し ている。グバン宇宙論では。宇宙膨張という
概念を。共動座標系で考察する。今日の物理学ではあたかもその座標系を
現実の宇宙空間として表現しているようであるが。こ の現象を時空構造を本質と
が与えられ結果的に同一の時空上の点であると言えるアインシュタインは
宇宙の重力による収縮を避けるである 式の右辺に代入して計算し。左辺の
時空構造

ホーキング博士。と題された論文は。宇宙初期に起こった指数関数的な急膨張インフレーション
の様子を。さらに数学的にさらに古典物理学が破綻してしまうとなれば。
正しく宇宙の始まりを描写しうる別の理論が必要とされているのは明白だった。
校の物理学者ジェームズ?ハートルと共同で提唱した「ハートル?ホーキング
の無境界仮説」という概念がある。無境界われわれの宇宙は。過去に宇宙全体
が指数関数的に急膨張する長期間のインフレーションを経験すること

すでに回答ある通り、最新の観測データと、関係する数式を全て入力すれば、スーパーコンピュータで、シミュレーション計算できるはずです。細かい条件はいろいろあると思いますが、大まかに説明すると、条件によっては、ビッグクランチという、空間ごと宇宙が収縮に転じ、ほぼ0になるまで収縮するという可能性があるとされています。ただし、物質密度が異なる場所ごとに宇宙が消えるタイミングがずれるというのは、無いと思います。アインシュタイン方程式とは違う、量子論的なしくみで起こる「真空崩壊」が起きない限りです。説明は割愛ビッグクランチに転じるかどうかの、条件は、2つあって①収縮に転じるだけの十分な質量が宇宙に存在するか?②膨張させるための反重力=アインシュタイン方程式の宇宙定数宇宙項=ダークエネルギーの量が、将来どう変化するのか?ですが、今後の宇宙の未来は、①収縮要因と、②膨張要因のバランスで決まるとされています。※qqqさんへ、ビッグバンとビッグクランチを繰り返すという宇宙論は、「サイクリング宇宙論」ではなく、「サイクリック宇宙論」です。きちんと覚えましょう!飛竜さん砂付近さん、中に何もない「時間自体」や「空間自体」が変化する仕組みを説明することは、未来永劫できません。なにしろ、そこには何も無いのですから。何もないものが変化する仕組みなど、絶対的に説明不可能です。?②絶対的に説明できないことを信じることは、「神の存在を証明できないけれど信じる」ことと同じ信仰です。科学は合理的に説明されなければなりません。ですから物理現象は、「ものの変化」で説明しなければなりません。つまり、「時間が遅れ空間が変化する」のではなくて、「高速移動すると時計が遅れ、定規がロ-レンツ収縮する」のです。光速度cに近づくにつれ、時計を構成する粒子が動きにくくなるので、その時計は遅れます光速度cに近づくにつれて粒子が加速し難くなることは、加速器の実験で実証済みです。そして、原子核を回る電子も動き難くなり回転速度が落ちるので、電子に掛かる遠心力が弱まります。そのために原子核の電磁気力に引かれ、電子はより小さい軌道を回るので、物質は「ロ-レンツ収縮」します。この「遅れた時計」と「収縮した定規」で光の速度を往復で測ると、観測者の移動速度vにかかわらず、常に光速度cと測定されます。これを「光速度不変の原理」と言います。アインシュタイン博士もその著書で、「高速で移動する時計は遅れ、測量棒は収縮する」と述べられています。また強い重力によっても、時計を構成する粒子は動き難くなるので、その時計は遅れます。そして重力により「電場」「磁場」「ヒッグス場」が歪むので、光は曲がりものは落下します。そのことを詳説します。重力により「空間の場」が歪みます。振動しない場は伸びており、振動すると場は小さくなります。このため、振動する場質量の周囲は、質量の方向へ引かれます。まるで、トランポリンにボ-リング玉を置いた時のように、「空間の場」は質量のある方向へ引き伸ばされます。光は曲がった「電場」と「磁場」を進むので、光は曲がります。この様に、中に何もない「空間自体」が歪むのではなくて、実体のある「電場」「磁場」「ヒッグス場」が質量により歪むのです。光は「電場」と「磁場」の振動です。この「電場」と「磁場」が質量により曲がるので、その上を振動として伝わる光は曲がるのです。重力により、「空間の場」が歪みます。振動しない場は伸びており、振動すると場は小さくなります。このため、振動する場質量の周囲は、質量の方向へ引かれます。まるで、トランポリンにボ-リング玉を置いた時のように、「空間の場」は質量のある方向へ引き伸ばされます。光は曲がった「電場」と「磁場」を進むので、光は曲がります。また、「ヒッグス場」が歪むので、質量のある方へ物体は動きます。この様に、中に何もない「空間自体」が歪むのではなくて、実体のある「電場」「磁場」「ヒッグス場」が質量により歪むのです。宇宙物理のシミュレーションはありとあらゆる状況/状態重力&素粒子の運動を踏まえてます。また観測チームが行ったデータを元に、それらを更に分析しデータ化して映像シミュレーションにする専門のスパコン部門も勿論あります。様々なデータを抱えるスパコンが答えを導いてくれます。しかし、勘違いしてはならない事。それは『WEBに出回る奇妙な覗く変態?AI』とは話しが違い。確実な観測結果を元に、その結果を現していると言う事になります笑>ある時間たったら、0になる、宇宙が消える、なんてことになるんでしょうかそういう事が起こるかもしれないという事でサイクリング宇宙論という事が考えられてます。ところが宇宙がこれから減速して縮んで来る事が条件になりますが、そう見えていた事もありました。しかし60億個年からこちらを観測していたチームが、そこからは寧ろ若干加速しているという事が分かってからは、これからも膨張し続けるだろうという意見が大勢を占めるようになっています。>シミュレーションだったら、宇宙の場所ごとに物質密度が異なる、という条件を与えたら、場所によって0になる時間が違ってくる、てなことは起きないでしょうか場所に依って密度が違って来るでしょうけれど、宇宙の銀河の群れが泡状になっている事は分かってます。銀河の群れが泡面の上に並んでいるようになっていて、泡面でない所は空間だけで、普通に幅が1億光年も何もない所です。こういう銀河の配置ですが、何処もそういう事で138億光年も超えた向こうまで同じようです。ところでこういう話の元になっているのは、宇宙が空間毎広がっている事が根拠になっていますよね。しかし私は空間は元からあっただけと思っていて、私独自に考える宇宙で回答しているので載せてみます。なお序にコロナウイルスです。咳やタンをするのなら、ビニール袋に出すといいと思うのです。家ですると家族にうつす可能性も少し減ります。食物密封で口が閉まる型です。あるいは普通のビニール袋でも、ピチッと止める棒状の物があれば便利と思います。100円ショップで売っていると思います。タンが溜まると、シッカリ閉じて捨てます。少なくてももしコロナであっても、少しは体から出ます。下手に風邪薬などで止めない方がいいと思うのです。熱も体の防御作用で出ているので、これを下げる事はこの防御の力が衰えて出る菌も少なくなる気がします。熱の為に生き死にする影響があるようなら仕方がないでしょうけれど、これでなければ安易に熱さましの方法は取らないという事です。レジ袋では漏れたり破れたりするので、それは使わない方がいいです。なおもしコロナに罹っていた場合に、検査の為に最後の袋は取っておいた方がいいと思います。袋に濡れた布切れでも入れて置いて、そこで咳を入れると布切れに付着して、口を閉める時に空気を出すと割と空気だけ出る可能性が多くなると思います。年寄の人は咳をする力も弱いので、肺に悪い物が残りやすく、若くなるほど咳の力も強く出す事で重症化が防げていると思います。ビニールの中に咳を入れる事で強く出せるし、薬で止めようとする必要もなくなる訳です。コロナに陽性だった人は、人で違いが出るようですが、咳が殆ど出なかったという人もいます。軽く咳が出ていたと言っている人もいます。呼吸が出来ない程苦しくなって行くそうです。上で述べたように咳や痰が出る症状は、寧ろ絶好の機会と思います。もしコロナウイルスが肺に入っていれば、出す事が出来るからです。咳や痰を薬で止める事は、その機会を失います。風邪等でこれらが出るのは、体の浄化作用です。体にある悪い物を出そうとする働きがあるのです。元々この働きがあるのを、薬で止めようとする習慣が普通になっていて気が付かないでいます。呼吸でもウイルスは出ると思うので、時々の窓開け換気は必要と思います。出来るだけ出せる時に出すという意味です。年寄りになる程、体力が劣ってコロナウイルスを出す力が弱まります。この量で肺が持たないのです。若い内は体力があるので、ある程度の量でも持ちますが、それでも量が多くなるほど若い人でも重篤になる可能性もあるし、死ぬかもしれません。このウイルを撃退出来る薬が未だない以上、体に抗体が出来るのを待つ以外にありません。それでこれと戦う事を長引かせます。少ない量では耐えられますが、量が多いと耐えれない人が出て死ぬのです。人工呼吸器で耐えさせて、この間に体の中の抗体が出来る事で、回復できます。苦しくなったら、空咳でも出来るだけして出す努力をします。自分で先ずするのが一番です。まわりに迷惑が掛かると思って、咳止めなど飲むと、それが肺の中でウイルを増殖させる事になります。ビニル袋にする事は、周りにウイルスをそれ程散らばせません。窓開けや、外の部屋に移ってする事も出来ます。未だ耐性の薬が出来ていない以上、ウイルスは出来るだけ出すのが一番と思います。人に依っては咳も出ないで、ただ苦しくなっている人がいるという事です。年寄や体の弱っている人ほど、ウイルスに対す抵抗力少なく負けるものと思います。人工呼吸器を付けて体の耐性を待つだけになって、これがウイルスに勝つと体に免疫作用が出来ると思います。体がウイルスを殺す力が出来た為と思います。これで陽性だったものが陰性に変わると退院です。未だ咳が出る内は自分で出す事が出来るので、ビニール袋方法は有効と思います。それでも呼吸の内に外にも出ますから、時々の窓開けの換気は必要と思います。この間30歳過ぎの海外の女性が、私のようになるという警告をしているテレビの場面です。その人は病室で大きくビニールに囲まれていたのですが、苦しそうに中で咳込んでいたのです。それは彼女の周りには咳でウイルスを散らばしているのですから、また呼吸で自分で吸ってしまいます。せめてこの時にビニル袋を使う方法を取ればいいのにと思ったものでした。咳でウイルスを体内から出している大切さに注目すべきです。

  • ?Spotify: アップルウォッチ買おうか迷っていて自
  • TOMIX PSPのゲームソフトメルカリで売れて発送たい
  • 出題の意図 ている点のy座標yxするyxy0時間減少する
  • Microsoft 北米アカウント作る際住所北米で言語日
  • NHK受信料の消滅時効 CASカードの番号や契約ているの
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です